業務用の洗濯機の用途|万が一のことを考えてAEDの販売会社は把握しておこう
男性

万が一のことを考えてAEDの販売会社は把握しておこう

業務用の洗濯機の用途

洗濯機

業務用洗濯機が求められる分野としては、コインランドリーと施設向けの洗濯設備機器があります。いずれのケースでも業務用洗濯機洗濯機はドラム型が使われ家庭用と比べて洗浄力に優れ乾燥機の機能が付与されているのが一般的です。コインランドリーで使われる業務用洗濯機では貨幣やプリペードカードなどを使って動かすことができるように工夫されているものです。コインランドリーは現在も増加傾向にあり、コインランドリーのための業務用洗濯機も進化しています。一方で施設向けの業務用洗濯機では大型の洗濯機で洗浄力と乾燥能力に優れており衣類などを効率よく洗濯して、乾燥させることで天気に左右されずに洗濯を行うことができるため、病院や介護施設などに導入されています。

コインランドリーで使われる業務用洗濯機の種類としては、コイン式であることが共通しており、全自動洗濯乾燥機が基本です。さらに大型のふとん洗濯乾燥機があります。また乾燥機能をなくした全自動洗濯機や乾燥機だけといったものも広く使われています。なお、ドラム型は10kg程度の容量があり、小型のものでは通常の縦型洗濯機で5kg程度のものが用意されています。施設向けでもコインランドリーと同様ですがコイン式でないのが違いです。施設向けでは比較的大型のものが使われ10kg以上が一般的です。また汚物処理専用の業務用洗濯機も用意されています。いずれも電気を必要としますが、乾燥を効率よくするためや温水を提供する熱源にはガスが使えるものもあります。